二階俊博は帰化人?継ぐのは息子か秘書長田か?中韓寄り?


 

政治家として活躍の二階俊博氏。

 

 

 

二階俊博

 

 

 

2017年1月現在、自民党幹事長を務めています。

 

 

 

歴代の幹事長のなかで、最高齢での幹事長就任となりました。

 

 

 

二階氏の就任は、前任の谷垣禎一氏が2016年7月に自転車事故で脊髄損傷の重症を負ったことにより、話が回ってきたという降ってわいたような出来事でした。

 

 

 

5

 

 

 

 

 

2017年2月には、年齢が78歳になる二階氏。

 

 

 

衆議院議員として33年を超える経験を活かし、国民のためになる活躍をしてくれると期待していいのでしょうか?

 

 

 

 

では、本題です。

 

 

二階俊博帰化人?の話題です。

 

 

 

帰化」というと、もともと外国で誕生された方が、他国の国籍を取得するという話を言います。

 

 

 

結果からお伝えしますと、二階氏は帰化の経歴はありません。

 

 

 

後程の項目で詳しくお伝えしますが、二階氏は中国韓国へ歩み寄る考えを持っているという話です。

 

 

 

まぁ、諸外国に対して敵対心を持つ必要はありませんが、政治家として、国益を害するような発言・行動があってはならないと思うのです。

 

 

 

一時は総理大臣を務めた、この人↓みたいに・・・。




Ads by  google


 

 

 

1

 

 

 

さて、二階氏はどんなことで、「帰化」を疑われてしまうほど、中国韓国寄りな発言・行動をされたのでしょうか?

 

 

 

記事の後半まで、少々お付き合いください。

 

 

 

 

続いては、継ぐのは息子秘書 長田か?についての話題です。

 

 

 

二階氏の年齢を考えると、そろそろ次、地盤を引き継ぐのは誰なのか?が気になります。

 

 

 

二階氏には子供が3人。

 

 

3人とも息子さんで、長男が現在、「政策秘書」をされているということですので、流れから行くと、長男押しかな?と思ったのですが・・・?

 

 

 

二階氏の長男、二階俊樹氏。




Ads by  google


 

 

二階俊樹

 

 

 

2016年5月に行われた和歌山県御坊市長選挙に出馬しましたが、現職に惨敗。

 

 

 

俊樹氏の応援演説には、父親である俊博氏や、稲田朋美氏、国民的人気の小泉進次郎氏が駆け付けたのですが、落選。

 

 

1

 

 

 

現職で、この選挙で7選を果たした柏木征夫氏(当選当時の年齢:75歳)の裏話があります。

 

 

 

柏木氏はもともと二階王国、二階氏の地盤を支えてきたといえる人物。

 

 

 

自身の年齢や多選していることから、そろそろ身を引くことを決めていたようです。




Ads by  rakuten


 

 

 

が、しかし、二階氏の息子が出馬を決めたことにより、地元住民からの押しが強くあったようです。

 

 

 

どうも、地元では息子さんの素行があまり評判よくないようで…。

 

 

 

 

ダブルスコアともいえる獲得票の差からも、そのことが伺える気がします。

 

 

世襲でダメなパターンのようです。

 

 

 

そこで、ネットで気になる人物が秘書長田氏です。

 

 

 

秘書長田氏は、西松建設違法献金事件で2009年に略式起訴されています。

 

 

 

しかし、二階氏の右腕といわれるほどの切れ者で、影武者ながらもかなり実権を握っていたといわれています。

 

 

 

しかし、2013年に長田氏はこの世を去りました。

 

 

 

こうなると、地元住民の支持を得られるような地盤を引き継げる人物はどなたになるのでしょうか?

 

 

 

次男・三男ということになるのか、もしくは自民党政権が失脚しているのか??

 

 

 

こればっかりは、もう少し時を待たねばわからない話のようです 🙄

 

 

 

 

お待たせいたしました「中国韓国寄りなの?」の話題です。

 

 

 

二階氏は、積極的に中国や韓国に対し、友好活動をされています。

 

 

 

中国へ新幹線を輸出する際には、「日本は古来中国から様々なことを学んで、現在に至る。新幹線開発の技術はその延長線上にできたこと。」という趣旨の発言をされています。

 

 

 

この発言は友好と考えるべきか?

 

 

 

媚びを売っているというような見方をされても仕方ない気もします。

 

 

↓なんか、軽い印象・・・。

3

 

 

 

韓国の大統領官邸へ訪れた際には、「外国人参政権の実現に向け引き続き尽力する」と答えています。

 

 

 

外国人参政権を認めるには、まず国民の不満を日本に向けることで、国政の安定を図るような政策や教育をしているような国に対しては認めるべきではないと個人的に思います。

 

 

 

少子化が進む日本ですから、外国人参政権、もしかすると将来国益を大きく損ねるような出来事につながりかねないと危惧しています。

 

 

日本の未来を支える、今の子供たちのためにも慎重に進めてほしい話ですね。

 

今回の「政治~日々是好日」は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

次は、民進党岡田君にしようかと思っています。

お楽しみに!




Ads by  google