中曽根康弘の現在は?孫はアナウンサー?息子は?日航機とは?


 

元内閣総理大臣を務めた経歴のある中曽根康弘氏。

 

 

中曽根康弘

 

 

 

議員バッジがみられるので、現在よりも若かりし頃の画像ですね。

 

 

 

総理大臣として、第71-73代を務めました。

 

 

 

総理大臣というと、与党第一党の党首が就任するのですが、自民党の党則では、1980年より党首は3回連続就任することを禁じています。

 

 

 

しかし、中曽根康弘氏は特例を作り、一年間の任期延長をしたため、3選されています。

 

 

 

それから時は流れ、現在の安倍晋三政権。

 

 

安倍晋三

 

 

 

従来に比べ、そこそこの支持率を維持しているためか、2016年8月あたりに、安倍氏も中曽根氏のように3選を可能とし、任期延長を検討する動きがにわかに見られました。

 

 

 

現時点(2017年5月)では、安倍晋三氏の総理大臣としての任期は2018年9月なんだそうです。

 

 

 

しかし、二階俊博(にかいとしひろ…2016年 現:幹事長)氏が中心となり、安倍政権人気をにらんでか、自身の保守のためか、中曽根氏のような特例もしくは、「3選、9年まで」という党則の変更を考えたようです。

 

 

 

安倍氏は山積みになった課題に引き続き取り組みたいとの姿勢で、3選についても前向きなコメントが見られました。

 

 

 

しかし、次期ポストを狙う方々にとっては、面白くない話。

 

 

 

今後3選が許されるのかはわかりませんが、党内・派閥間で大きな亀裂となりそうな予感がする話題です。

 

 

 

 

では、今回の話題です。




Ads by  google


 

 

中曽根康弘現在は?についてです。

 

 

 

2016年5月には、なんと御年98歳となったそうです。

 

 

 

現在はこのような風貌となっています。

 

 

1

 

 

 

衆議院議員として、20期も務めたそうです。

 

 

 

比例区では、73歳を定年とするという決まりから、2003年10月に議員退職しています。

 

 

 

 

2003年というと、中曽根氏は85歳。

 

 

 

政界でどれほどの力があるのか存じませんが、これまで特例をもって自身は定年制を跳ね返して、議員のポストについていました。




Ads by  google


 

 

 

しかし、2003年当時の首相小泉純一郎氏の要請により、「政治的テロだ。」と反発のコメントをしつつも、引退を余儀なくされています。

 

 

 

しかし、しかしと続きますが(笑)、現在も週4回ほどは、ご意見番として通勤されているのだとか。

 

 

 

私見ですが、今の政治にもうこの人の知恵は全く必要ないです

 

 

 

2016年7月まで、なんとSP付、自宅近辺にはポリスボックスありだったそうです。

 

 

 

原子力発電、不安しかない社会保障、格差社会の礎を作り上げた、こんなじいさんに無駄に税金が使われているなんて(泣)

 

 

 

現在も憲法改正のために邁進(まいしん)されているとのことです。。。

 

 

2017/5/2、3日の憲法記念日を前にスピーチされた内容の一部を記事最後に掲載しますので、ご覧ください。




Ads by  rakuten


 

 

 

 

続いての話題です。

 

 

 

アナウンサー息子は?についてです。

 

 

 

中曽根氏の名前を検索すると、「 アナウンサー」という検索ワードが見られます。

 

 

 

色々と調べたのですが、現在アナウンサーとして活躍されているおさんはいないようです。

 

 

 

 

 

孫ではなく、次女が元NHKのアナウンサーをされていました。

 

 

 

過去に元フジテレビアナウンサーとして活躍されていた、長谷川豊さんが、「同期に中曽根氏の孫がいた」という発言をされていたことから、この検索ワードがホットになったと予測します。

 

 

 

長谷川豊

 

 

 

中曽根氏の孫で長谷川豊(1975年8月12日)さんと近い年齢の方というと、双川正文(1976年2月7日)さんがいます。

 

 

 

二川さんは、現在フジテレビのプロデューサー方々、お笑いタレント「ふじたろう」として活躍されているかただそうです。

 

 

 

では、中曽根氏の地盤を継いだ、息子というと、中曽根弘文氏です。

 

 

 

中曽根弘文

 

 

 

あぁ、見たことある、ある。

 

 

 

息子は参議院議員として、2016年までに6回当選を果たしています。

 

 

 

中曽根弘文氏は、外務・文部・科学技術庁長官としてのポストに就任もされています。

 

 

 

さらに引き継ぐであろう、孫は中曽根康隆氏。

 

 

中曽根康隆

 

 

慶応の法学部を卒業後は、外資系の証券会社に入社しましたが、現在は父である康弘氏の秘書を務めているということです。

 

 

 

世襲議員は、お坊ちゃま育ちで、真の意味での国民目線となるのが難しく、頼りない印象があります。

 

 

 

7

 

 

 

でも、嫌いじゃないなぁ~この二人の顔立ち…(笑)。

 

 

 

生き方が顔に刻まれるということも言えるので、この引き締まった二人の表情に少しばかりですが、将来を期待しています。

 

 

 

 

続いては、日航機とは?についてです。

 

 

 

1985年8月、日航機123便が墜落し、乗客・乗員合わせて520名もの貴重な命が亡くなりました。

 

 

 

その中には昭和の名スター坂本九さんもいらっしゃいました。

 

 

 

坂本九

 

 

 

「上を向いて歩こう」など、世界中でも歌われるヒット曲を歌っており、多くの人の心に元気を与えてくれました。

 

 

 

二度とあってはならない惨劇となった日航機事故と中曽根氏には深いつながりがあるという噂があるのです。

 

 

 

日航機は、当時の首相であった中曽根氏の指示により撃墜された。」というのです。

 

 

 

事実なら遺族にとっても、国民にとっても、許しがたい話です。

 

 

 

日航機123便は、極秘に核を輸送しており、この話が国外の軍に漏れ、事実発覚を恐れた日本政府が証拠隠滅のために撃墜を指示したという内容の噂です。

 

 

 

現時点では確証には至っていないので、当ブログでは「噂」という表現を使っておりますが、さまざまな物的証拠を元に検証されている方がいます。

 

 

 

内容はかなり真実味も感じますが、でも本当に「核」を積んでいたならば、落下の衝撃で放射能汚染が起こるのでは?と思います。

 

 

 

そうなると、何かしらの機関で高濃度の放射能を感知し、ニュースにはなるのでは?と思うのです。

 

 

 

ということで、「信じるか信じないかはあなた次第…」の話ですね。

 

 

 

お時間ありましたら、ぜひ「中曽根康弘 日航機」で検索してみてくださいませ。

 

 

 

多くの深い悲しみを生んだ日航機墜落事故から30年以上が経過した今もこれからも風化することなように語り継ぎたいものです。

 

 

(2017/5/2の中曽根氏のスピーチ)

われわれが目指すべき憲法とは、自由と民主主義を軸に国と世界の未来を展望しつつ、日本のあるべき姿を求めるもの。それはまた国民参加のもとに、真の主権在民たる憲法を作り上げることでもある。

本年は現行憲法施行70年という区切りの年であり、明年は明治維新150年を迎える。明治憲法は日本が近代化を目指す上で原動力となり、敗戦の後、決まった現行憲法は今日の経済発展の大きな基礎となった。それぞれの憲法がその時代に果たした役割と意義をわれわれは大いに認め、評価する。

しかしながら、明治憲法は薩長同盟という藩閥政治の力の所産であり、現行憲法はマッカーサーの超法規的力が働いたことを考えれば、憲法改正はその内容にもまして、国民参加のもとに国民自らの手で国民総意に基づく初めての憲法をつくり上げるという作業だろうと自覚する。
そこにこそ、われわれの掲げる憲法改正の本質的な意義はある。そのためにも本日お集まりいただいた各党、各派の皆さまには国会の審査の場で各派の責任において、その内容とビジョンを示していただきながら活発な議論のもとに国民世論を喚起し、問題の所在を明らかにするとともに、各党それぞれがどんな国づくりをするのかを国民の前にお示しいただくものだ。

そうした活動は国民参加につながって、憲法改正の機運を高め、真の国民憲法実現に向かって邁進(まいしん)することを確信する。現行憲法によるこの70年は確かにわれわれの生活に豊かさをもたらした。しかしながら憲法の欠陥とともに、さまざまな問題に直面していることも、また事実だ。

われわれはこうした社会現象を憲法に集約し、政治、経済、外交、福祉、教育、文化、科学技術など、それらを新しい国民憲法に反映させながら、日本の新たな未来を切り開いていかなければならない。それはわれわれ日本民族にとってさらなる前進と発展への挑戦でもある。

憲法改正は、国民世論とともにある。各政党におかれては国民参加を助け、学界やジャーナリズム、経済団体を巻き込みつつ、国民の意見や考えを調整しながら、国民自らがつくり上げる初めての憲法を目指し、一層の奮起をお願いする。

 

2017/5/1 産経ニュースより引用

 

中曽根氏のスピーチに共感してしまう部分もなくもなし。

 

今回の「政治~日々是好日」は以上です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。




Ads by  google




中曽根康弘の現在は?孫はアナウンサー?息子は?日航機とは?への1件のコメント

  1. アバター 日本人
    日本人 コメント投稿者

    中曾根総理は正しいことやった。脅迫に。

  2. アバター 匿名
    匿名 コメント投稿者

    脅迫に総理は正しいことをやった。

    • アバター ねこにゃん
      ねこにゃん コメント投稿者

      匿名様

      当ブログにコメントいただきありがとうございました。
      中曽根氏について、すべてを否定するわけではありません。

      現在、格差は生まれてしまいましたが、
      日本の成長を促したことは間違いないと思います。

      しかし、国民年金を無駄遣いで散財し、グリンピアなど多くのクズ施設を作り続けた
      流用問題の張本人ではないかとも思うのです。

      中曽根氏に関する過去の良し悪しの経歴はもういいので、
      もう、引退したのですから、週に幾度か国会に足を運んで、
      いまだに権力をかざすようなことはおやめいただきたいのです。

      もう、若い世代に「今改革しなければ、未来の自分に、そして日本経済が危うい」と
      切迫した危機感をもって政策を立てなければならないと思います。

      匿名様
      貴重なお時間を使い、当ブログにコメントいただきありがとうございました。
      またぜひお立ち寄りくださいませ!

      ネコでもわかる政治「日々是好日」管理者より

  3. アバター おはよう
    おはよう コメント投稿者

    あかんわ。このクソジジイくたばれ!高齢政治家にろくな連中がおらん。

    • アバター ねこにゃん
      ねこにゃん コメント投稿者

      おはよう様

      当ブログに、怒りをぶつけたコメントありがとうございます。
      おっしゃるとおり、はやくくた・・ってほしいものですね(笑)
      今ものうのうと高額な議員年金を受け取っていると思うと反吐がでそうです。

      またぜひ、怒りのコメントお待ちしております。
      ありがとうございました。ありがとうございました。

      「政治~日々是好日」管理者より

  4. アバター 竹の子
    竹の子 コメント投稿者

    昨日のニュースで中曽根康弘元総理が喋っていました。

    おん年98歳刻まれた皺に年齢を感じました。

    私は割りと好きな総理大臣でしたよ。

    • アバター ねこにゃん
      ねこにゃん コメント投稿者

      竹の子様

      当ブログにコメントいただきありがとうございました。
      コメントを拝見しまして、少々反省いたしました。
      政治家の言うことなんでも、さげすんでばかりいることは簡単なことですが
      一番ばかげていることでもある気もします。
      今の日本の経済発展に中曽根氏が貢献したことも事実ですが
      格差社会を生み出したことも事実なんだと思います。
      「格差社会」今はやりの言葉を使えば、国民一人一人の「自己責任」なのかもしれませんが
      そろそろ、何かしら手を差し伸べることも大切と思います。

      この度は、竹の子様の貴重なお時間を頂きまして、当ブログにお立ち寄りいただけたこと嬉しく思います。
      またお待ちしております。
      ありがとうございました。
      ネコでもわかる政治~日々是好日 管理者より