鳥越俊太郎は反日?都知事選とガンとは?家系図に嘘?かつらなの?


 

ジャーナリストとして長年活躍の鳥越俊太郎氏。

 

 

 

鳥越俊太郎

 

 

 

また、キャスターやコメンテーターとして、報道・情報番組に出演されています。

 

 

 

『「ジャーナリスト」ではない「ニュース職人」だ。』と明言されていたことも過去にあった気がしますが、今回の都知事選では、ジャーナリストという肩書も使われているようです。

 

 

 

鳥越俊太郎氏は、野党4党の推薦を受け出馬します。

 

 

 

あれ、野党4党ってどこの党??「民進党」と…(笑)。

 

 

 

野党4党とは、「民進党」「共産党」「社民党」そして「生活の党」のことを言います。

 

 

 

2011年からの約5年間、4度目の都知事選となりました。




Ads by  google


 

 

 

選挙で潤う企業もあるかもしれませんが、やはり億単位の血税が選挙に使われるわけです。

 

 

 

次選ばれる方は、しっかりと任期満了迎えることのできる人物出会ってもらいたいものです。

 

 

 

では、今回の話題です。

 

 

 

始めに「鳥越俊太郎反日?」についてです。

 

 

 

反日感情を持つ方が、都知事選に立つことはないと思いますが、過去に反日を感じさせるコメントでもされたのでしょうか?

 

 

 

振り返ってみますと、尖閣諸島問題が大きく取沙汰されていたときに、領有権をめぐって戦争が起こって人が亡くなってしまうぐらいなら、渡してしまう方がいい。という趣旨のコメントをされたのだそうです。

 

 

 

人の命が一番大切という気持ちはわかりますが、たった一言が大きな影響を与えかねない、メディアに出演している立場としては、いうべき発言ではなかったように思います。




Ads by  google


 

 

 

この発言から月日は経過していますが、都知事となった場合、「伊豆・小笠原諸島」の東京都島嶼部(とうきょうととうしょぶ)の領有権はしっかり守れる人物であって欲しいです。

 

 

 

 

続いての話題は「都知事選とガンとは?」についてです。

 

 

 

鳥越氏は2005年に直腸ガンの切除手術を受けました。

 

 

 

2007年には両肺に転移していることが分かったガンを切除。

 

 

 

2009年には肝臓へ転移してしまったガンを切除するという度重なる転移手術をされています。

 

 

 

今回都知事選に出馬するにあたり、体調面に不安を感じてしまいましたが、それを払拭するかの話が、鳥越氏の筋肉です。

 

 

 

70歳になってから、週3回のジム通いを始め、2012年にはホノルルマラソンに出場。

 

 

 

およそ、8時間19分で完走されています。




Ads by  rakuten


 

 

 

2016年には76歳となった鳥越氏の筋肉はどれほどのものなのでしょうか?

 

 

 

では、ご覧ください。

 

 

 

鳥越俊太郎氏の筋肉画像!←こちらから。

 

 

 

確かに、同年代と比較するとかなり鍛え上げられているのを感じます。

 

 

 

しかし、畳みかけるように、都知事選出馬に水を差すような検索ワードに「認知症」という言葉が見られます。

 

 

 

”鳥越氏が認知症では?”と不安をあおるようなきっかけとなった話は、コメントの中で、自身の生まれ年に誤差があったこと。

 

 

 

そして、文字が汚かったことが主な要因のようです。

 

 

 

11

 

この画像は、公約に「がん検診100%」とうたっているところですね。

 

 

 

むむむ、やや、文字に力がない感じがします。

 

 

 

選挙まで、多くのメディア出演が見られると思います。

 

 

 

鳥越氏のみならず、候補者の言動に不安定さがないか、しっかり投票する方は見極めたいですね。

 

 

 

 

続いての話題は、「家系図に嘘?」についてです。

 

 

 

「鳥越」という名前は確かに、どことなく由緒ある家柄という印象を受け、あまり身近にはいないような苗字と感じます。

 

 

 

家系図を調べると、俊太郎氏は福岡県にある鳥越製粉の始業者の曾孫(曾孫)なのだそうです。

 

 

 

他に家系図に関する話題としては、NHKで放送されている「ファミリーヒストリー」で、2015年7月に鳥越氏が特集されました。

 

 

 

その際、俊太郎氏は先祖をたどると、戦国大名の家臣である鳥越興膳氏の子孫であると放送。

 

 

 

しかし後日、実の子孫から”近所に同じ苗字の人物は住んでいたが、まったく血縁はない”と苦情がNHKへ寄せられたのだそうです。

 

 

 

この件に際し、俊太郎氏に寄せられた質問に対するコメントは「家系図に関しては関与していなかった」という話だったそうです。

 

 

 

まぁ、嘘をつくつもりはなかったのでしょうが、特に誰も気づかず、言われなきゃいいなぁ~ぐらいの調査だったのでしょうか?

 

 

 

年間万金の視聴料を取っているのですから、しっかりした取材をしてもらいたいものですね。

 

 

 

 

続いての話題は「かつらなの?」についてです。

 

 

 

前記事の増田寛也氏のかつら疑惑に引き続きの話題となりました(笑)。

 

 

 

鳥越氏は若い頃から比較的毛量が多いようです。

 

 

 

このことから、個人的にはかつらではないのでは?とも思います。

 

 

 

しかし、がん治療をされていることを考えると、抜け毛も多かったのでは?とも思いますが、過去にさかのぼり鳥越氏の画像をみてもあまり変化は感じられませんでした。

 

 

 

増田寛也氏同様、本人のカミングアウトがないので、かつらなのかどうかは確証には至りませんでした。

 

 

髪の多い少ないは、本人にとっては大変デリケートな話題でもあるので、そっとしてあげましょうね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

次の「政治~日々是好日」をお楽しみに!

 




Ads by  google